創業明治41年から、能登の農業と漁業に支えられてきました。伝統的な技法でナタ・カマ・クワ・包丁などを製造・修理しています。「能登マキリ」は、刃先で魚をさばき、柄に近い部分でロープを切るなど、船の男達の必須アイテムです。これは、万能包丁として一般家庭で使える他、ガーデニングなどの作業をする際にも便利です。また、「イカサキ包丁」は、家庭から釣人までファンが多く、イカや小魚をさばくのに適しています。さらに、カキ貝やサザエなどの貝開けも家庭や料理屋さんだけではなく、水産加工業者からも人気です。