「(株)いわずみ」は、能登の中心で50年以上お菓子を作り続けています。
いわずみ第一工場と、直売店である神和住店は、東に行けば能登町、西に行けば輪島市、南にいけば穴水町、北に行けば珠洲市と、まさに能登半島の中心に位置しており、交通の要所です。敷地内には、食事処や憩処もあり、皆様に休憩所としてご利用いただいております。
能登で古くから作られ愛されている「いも菓子」は、その昔保存食として親しまれていました。さつまいもの形にあつらえ、桂皮末(ニッキ)をまぶして焼き上げた弊社製品「能登のいも」は、今では能登を代表する銘菓の一つです。
この恵まれた地で、いわずみは今日も「能登のいも」を作り続けています。素朴で懐かしい味がする「能登のいも」をご賞味ください。