地区名産の神道柿を各氏子が渋抜きをし、祭礼当日、各々重箱にいれて拝殿の三宝に供えます。
祭礼後、当人衆がこれを氏子中に撒き、氏子はこれを重箱に入れて持ち帰り、各家庭の味を賞味しながら秋の収穫に感謝します。