白丸地区の菅原神社の秋祭り。
キャラゲ(小学校の男児)が華やか柄模様(えもよう)で鈴を付けた襦袢(ながじばん)を着て、顔が少し見える程度の女装をし、白丸曳山唄や掛け声を合図に進行されます。
白丸曳山唄は、入り宮の時に独特の節回しで唄われる「きやらげ」と称する唄で、この唄とともに曳山が町内を練り歩きます。