的に当たった矢の数で、1年の豊凶を占う日桂神社の神事。
甲冑をまとった氏子が、弓を握り一心に狙いを定めて的に向けて矢を放ちます。傍らでは猿田彦と呼ばれる天狗面の男が的に当てさせまいと槍を振り回し邪魔をします。猿田彦は神の使いとされており、邪魔をすることにより射手の精神集中を試し、集中した射手には猿田彦を通して太陽と農業の神がのりうつると言われています。