酒垂神社は、平安時代のはじめ(833年~850年)に創建されました。その昔、神様がアイの風が吹くままに酒樽に乗ってやって来たと言い伝えられ、お酒の神様が神社名の由来にもなっています。神社から見下ろす町並みの景観に昔ながらの日本の原風景を感じることができるでしょう。