仕事運上昇ルート|酒蔵見学

女帝信仰と伝説の浜で仕事運を上昇させる

松波エリアを巡る「仕事運上昇ルート」はこんな人におすすめです。
・仕事に生きがいを感じている
・出世したい。独立を考えている
・仕事先に悩みがある

松波神社

松波神社

松波神社は、地元神と思われる松波神を奉っています。この地域の神を一手に引き受けているため、いろいろな願いを叶えてくれそうです。鳥居から抜ける先に見える本殿は趣があり、木々からの木漏れ日が見える日ならば後光を感じられるかもしれません。

 

松波酒造

荒海の幸から、甘いデザートまで、楽しい乾杯を広げたい。
そんな思いで、明治元年より、酒造りをしています。
極寒仕込みの酒造りは、昔ながらの道具と製法で能登杜氏の伝統を受け継ぎながら能登の風土を感じられるお酒を精魂込めて造っています。
家族単位の小さな蔵で、皆一丸となって酒造りや新商品企画、酒蔵見学を行い、
昨年からは上海、シンガポール、香港にも少しずつお酒の輸出もしています。

 

恋路海岸

今より約700年前、鍋乃という娘が助三郎という若者に命を助けられた事から2人は深い恋仲となりました。
しかし、助三郎は娘に好意を抱く別の男にだまされ、おぼれ死んでしまい、娘も若者の後を追って海に身を投げたといいます。
2人の恋仲を裂いた男はその後、自らの過ちを悔い2人の菩堤を弔う僧侶となってこの地に住みつき、男女の仲を取り持つようになりました。
その頃からこの海岸を「恋路」と呼ぶようになったと伝わっています。
やさしい女性的な景色を代表する海岸で、穏やかに湾曲した砂浜と真っ赤に塗られた鳥居の後方に浮かぶ弁天島は恋路海岸の象徴です。
浜に寄せる波はやさしく、訪れる人たちに安らぎを与えてくれます。

能登町の宿泊施設

懐かしいふるさとに帰ってきたような、人情溢れる宿や、新鮮な海の幸や地物キノコ料理などが自慢の宿が数多くあります。都会の喧騒を離れ、ゆったりとした時間の中で、心と体を癒してみてははいかがですか。

泊まるスポットへ

このコースのスポットマップ